梨花女子大学校

 

学校の紹介

 梨花女子大学校の、言語教育院は1962年梨花女子大学付属語学教育機関として設立され、本校の外国語教育を支援するとともに、1988年から先導的に外国語としての韓国語教育を開始しました。 外国人学生とともに世界各国の言語と文化に接することができる言語教育院は、春・夏・秋・冬の4学期開講しております。また、最高の教授陣と最高の教材、繊細で徹底された学生管理は梨花女子大学言語教育院の誇りです。毎年6000人あまりの学生がここ言語教育院で外国語教育プログラム、韓国語教育プログラム、韓国語教員養成プログラムなどを通して言語能力だけにとどまらず、グローバルリーダーとしての競争力を身につけています。
 言語教育院では一般講義室、マルチメディア講義室、電子教卓講義室、中・大型講堂等の教育施設を備えており、学生の学習効率を高めています。また、グローバルラウンジはインターネットや読書、勉強、またはトウミとのミーティング、相談などに利用することができます。学生がより便利で快適な環境で過ごすことができるよう、施設を充実させております。

プログラムと概要

梨花女子大学 正規過程

 韓国語集中コースは、話す、聞く、読む、書くを合わせたコミュニケーション中心の統合教育プログラムとして、各学級を2人の教師が指導するチームティーチングで進行されます。実生活に関連した課題活動を通してコミュニケーション能力を伸ばし、文化授業を併行し韓国文化に対する理解を広げることで、学習効果を向上させることのできるプログラムです。

講義概要
日  程
入学手続き
-学期-
開講数 年間4学期
期間(1学期) 10週間
週当たり授業時間 20時間(月~金)
総授業時間 200時間
講義時間 9ː00~13ː10
開講レベル 1~6級
クラス人数 15人前後

-クラス編成-
クラス編成試験(会話、聞き取り、読解、作文)を通して、それぞれの韓国語能力に合ったクラスに編成されます。だし、韓国語が全然できない方はクラス編成試験を受けずに1級から受講できます。

-出席-
総50回中40回以上出席しなければ、修了できません。遅刻3回または早退3回は欠席1回とされます。

-進級-
中間試験と期末試験の平均成績が70点以上でなければ修了することができません。

-単位制度-
正規課程を1学期履修した学生に、6単位を付与します。

2020年 正規過程

学期 申込〆切 レベルテスト 説明会 授業期間
3/27~6/3
5/4 6/16 6/19~8/27
7/28 9/8 9/11 9/11~11/25
10/26 12/8 12/11 12/11~21’2/24

*先着順の登録を原則としており、定員に達した場合、午前正規課程は日程よりも早く締め切られることがあります。お早めにお問い合わせくださいませ。

-入学資格-
高等学校卒業以上の学力を有する男女外国人または在外同胞(海外居住韓国人)

-提出書類-
入学願書、最終学歴の証明書、パスポートコピー、証明写真、銀行預貯金残高証明書(10,000ドル以上)
※提出書類は学校により異なりますので、事前にお問い合わせください。

-学費-
1.入学金:60,000ウォン
2.授業料(1学期): 1,720,000ウォン (2020学年度基準)
3.教材費(1学期) 53,000ウォン~60,000ウォン
注意
学期開始後一週間以内に限り可能です(入学金は返金不可)。ただし本院が要求する書類を提出し、正当な理由として許可された場合のみ可能です。

毎学期実施される活動

サークル活動

学生活動

集中コースには様々なサークルが運営されており、毎学期申請することができます。現在ダンスサークル、歌サークル、写真サークル、ボディフィットサークルが運営されています。サークル活動は週1回実施され、試験期間には行われません。開講後、各自が希望するサークルに申請することができます。

放課後文化活動

集中コースでは毎学期学生に様々な韓国文化に接することができる機会を提供するために放課後文化活動を運営しています。放課後文化活動は公演観覧、文化体験、名所探訪などに分けて実施され、申請者のみが活動します。学期別文化活動の内容および申請方法は学期始めの開講式での案内紙および学級担任の先生を通して確認できます。

韓国語トウミ

外国人学生が韓国語トウミ(梨花女子大に在学中の学部生または大学院生)と共に韓国語を練習し、慣れない韓国の環境に適応できるよう、サポートを受ける制度です。

  • 申請資格 : 本院の韓国語集中コースを受講している外国人学生
  • 申請期間および方法: 毎学期初日、担任教師に申請
    ※ 初級から韓国語トウミがマッチングされる。韓国語トウミの数によっては申請してもマッチングできない場合あり。
  • 活動内容
    ① 韓国語トウミと毎週1回ずつ、総12時間以上会う
    ② 韓国語トウミと韓国語を練習し、韓国での生活に関してサポートを得る
    ※ 総12時間中3時間は韓国での生活に関するサポート(公共交通機関利用法、学生食堂利用法、銀行および郵便局利用法など)として利用することができる。
  • 活動時注意事項
    ① 毎週1回、1時間以上会うこと
    ② 約束時間は変更、キャンセルをせずに必ず守ること
    ③ 学校のキャンパス内または学校周辺で会うのをおすすめします
    ④ 可能な限り映画観覧、ショッピングなど韓国語学習と関連の薄い活動はしないこと

1年に1回実施される活動

UCCコンテスト

梨花女子大学言語教育院では毎年UCCコンテストを開催しています。UCCコンテストは梨花女子大学言語教育院韓国語課程の学生および本校の外国人学生を対象として、毎回様々なテーマで実施されます。応募作品はテーマに対する適合性、アイディアの独創性および創造性、技術および構成の完成度、おもしろさなどを考慮した内部審査と、本院フェイスブックでのインターネットユーザーの反応を総合して審査します。受賞者には賞状および賞金を授与し、集中課程修了式にて受賞作を上映します。

幸せ分かち合いバザー会

梨花女子大学言語教育院では毎年春学期に'外国人学生と共に行う幸せ分かち合いバザー会'を開催しています。幸せ分かち合いバザー会は梨花女子大学創立のために尽くした方々の分かち合いの精神を受け継ぐための行事として、外国人学生および先生、教職員が自由に参加できます。外国人学生が寄付した物品および真心を込めて準備した飲食物も販売され、収益金は助けを必要とする方々に贈られます。バザー会では外国人学生と職員および教師による多彩な公演も行われます。

外国人韓国語スピーチ大会

梨花女子大学言語教育院は1991年から言語教育院の学生と本校の留学生、交換学生が共に参加する'外国人韓国語スピーチ大会'を毎年1回開催しています。この大会は初中級と高級に分けられ、外国人学生たちがそれまで学んできた韓国語の実力を思う存分披露できる場です。外国人韓国語スピーチ大会では学生たちの隠れた特技を披露できる祝賀公演も一緒に行われます。

梨花感謝フェスティバル

'梨花感謝フェスティバル'は秋の感謝節を祝うために毎年11月に梨花女子大学の構成員が'感謝''愛''平和'をテーマとした歌や学期の演奏、ダンスなどを披露する競演大会です。言語教育院のダンスサークルと歌サークルの学生も毎年梨花感謝フェスティバルに参加し、良い成績を収めています。

文化体験の様子

previous arrow
next arrow
Slider

アクセス

住所:ソウル市西大門区大峴洞梨花女子大ギル52

地下鉄

2号線梨大駅 2・3番出口

学校の周辺情報

 梨花女子大学校からは若者の街である梨大や新村などが近く、毎日賑やかで買い物にも困りません。新村は土日は歩行者天国となり、各種イベントが開かれたり、時にはアイドルがシークレットライブや握手会などを開催することもあります。韓国人も観光客も多く見かけます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です