ソウル市立大学校

「ソウル市立大学 語学堂」の画像検索結果

学校の特徴

ソウル市立大学はソウル市が運営する公立大学として1918年に開校、1987年に総合大学化し現在のソウル市立大学となりました。

国際教育院は韓国語教育機関として、2008年に設立され、まだ規模が小さいためアットホームな雰囲気が魅力的。

プログラムの日程と概要

2020年 正規課程

コーススケジュール 2020

学期 期間 申し込み締め切り(国外入国) クラス分け
テスト
3月2日‐5月14日 1月17日 2月26日(水)
5月29日‐8月6日 4月17日 5月26日(火)
9月1日‐11月13日 7月17日 8月27日(木)
11月30日‐2月9日 10月16日 11月25日(水)

概要

韓国語・韓国文化プログラム(Korean Language and Culture Program : KLCP)では、韓国での集中的な韓国語の学習と文化体験を提供しています。 KLCPは1年間に4学期を設けており、各学期は10週間です。全てのレベル(6レベル)において、会話・聞き取り・文法・作文を重要視した授業が行われます。少人数制クラス(最大15名)により、学生一人一人が個別指導を受けることが可能です。また、ソウル周辺で行われる文化活動に参加することにより、様々な体験をすることができます。

1学期の授業期間 10週間
総授業時間数 200時間
授業日 月-金曜日 (週5日)
授業時間 午前 9:00 – 午後12:50
クラス人数 10 – 15人
規定 出席 : 学生は1学期中、最低160時間の出席が必要となる。40時間以上の欠席をした場合、次学期に進級することができない。
保険 : 全学生は義務的に傷害保険に加入しなければならず、本国で保険に加入しなかった場合には学校の推薦する保険に必ず加入しなければならない。
レベル 1 – 6 級
*全ての新入生はレベル分けテストを受ける。テストは、リスニング・スピーキング・リーディング・ライティングが行われ、個人の能力によってクラスを決定する。
その他の活動等 文化授業、ソウル市立大学の学生との言語交換、進学や生活などに関する相談
授業料 入学金 : 50,000 ウォン (新入生に限り納入)
学費 : 1,300,000ウォン / 1学期

コーススケジュール 2020

学期 期間 申し込み締め切り(国外入国) クラス分け
テスト
3月2日‐5月14日 1月17日 2月26日(水)
5月29日‐8月6日 4月17日 5月26日(火)
9月1日‐11月13日 7月17日 8月27日(木)
11月30日‐2月9日 10月16日 11月25日(水)

授業料

1学期(10週間)の学費は、払い戻しなしの申請料50,000ウォンを含む計1,350,000ウォンで、これには文化授業や社会活動の費用も含まれています。

申し込み方法

申請書類一式を用意し、韓国語・韓国文化プログラム(KLCP)事務所まで持参するか、郵便で下記の住所までお送り下さい。

Korean Language and Culture Program (KLCP) office
The University of Seoul
13 Siripdae-gil (90 Jeonnong-dong), Dongdaemun-gu
Seoul, 130-743, Korea

登録時に必要なもの

-申請フォームはhttp://global.uos.ac.krよりダウンロードできます。
-申込書類一式:

A. 記入済みの志願書
B. パスポート用の証明写真1枚 (志願書に貼り付け)
→入国後、外国人登録証を申請する学生(D-4ビザ所有)は、必ず白背景の写真を提出しなければなりません。
(完全白のみ有効、グレー等は不可)
C. 最終学歴の卒業証明書の原本1部
D. パスポートのコピー1部(氏名、国籍が書かれているページ)
E. 銀行の残高証明書
(USD 3000 以上の銀行残高 : 一学期 申請者
USD 7000 以上の銀行残高 : 二学期 以上の申請者)

1級

挨拶、買い物、道探し、約束など日常生活で必要な基本的な韓国語を駆使でき、自己紹介、手紙、休暇にすること等、日常の主題に関して読み書きができます。*1級はハングルから学習するクラスと、ハングルを学習した以降のクラスの2クラスで構成されています。

2級

電話、注文、美容室利用、公共施設利用など、日常生活と密接なことを処理でき、経験、趣味、流行、依頼の手紙等の日常生活と関連のある文の読み書きができます。

3級

アドバイス、公式な依頼、公共施設利用など、日常生活に必要な韓国語はもちろんの事、職業、健康、生活文化等の馴染み深い社会主題についての意見を表現し、読み書きできます。また、インタビュー、発表等多様な状況での韓国語駆使能力を養うことができます。

4級

公式的、非公式的な依頼、謝罪、断り方等、社会的に関係を維持する時に必要な言語を使用できます。日常生活で接する主題について、自身の考えを効果的に表現し、討論をすることができます。韓国語と韓国人の考え方の関係、馴染み深い社会的主題に関する文章を理解し、いくつかの段落で構成されている文章を体系的に書く事ができます。

5級

実生活でよく触れる最新ニュースや新聞記事等の時事に対する談話を理解することができます。韓国文化、歴史、社会等を主題とした発表、及び討論授業を通し、意見を論理的に表現する能力を養うことができます。上級語彙と表現を適切に使用し、韓国文化、歴史、社会等を主題としたインタビューを行い、アンケート調査報告書を作成できます。

6級

大学及び大学院学業遂行、就業時業務遂行に必要な専門的な内容を理解し、言語を駆使できます。また論文、専門書籍、文学作品、放送談話、新聞記事等の内容を具体的に把握し、これについて発表及び討論する能力を養えます。専門的な関心分野についての大学、及び大学院課題、小論文、報告文を作成できます。

●夏学期と冬学期の 韓国語短期課程

2020年の短期プログラムの日程

夏学期 冬学期
課程
日程
15日課程 1週間課程 1週間課程
プログラムの期間 2020年8月7日~8月20日 2020年8月14日~8月20日 2020年12月29日

2021年1月5日
寄宿舎 入室日 8月6日 8月13日 12月28日
登録の締め切り 6月26日 6月26日 11月13日

授業料

課程 入学金
(払い戻し不可)
学費 これには文化授業や社
会活動の費用も含まれ
ています。
15日課程 50,000ウォン 950,000韓元
1週間課程 50,000ウォン 450,000韓元

払い戻し規定

1. 支払い済みの登録費の払い戻しはできない。

2. 授業料の払い戻しを申し込む場合、以下の規定によって授業料の払い戻しを進行する。

① ビザの発給が断られた場合もしくは、 開講前に登録を取り消す場合は授業料の全額を払い戻す。
② 開講後、授業料の払い戻しを申し込む場合
→ 払い戻しを申し込んだ当月の授業料は次のように払い戻しを行う。
– 当月の授業料の2/3 : 当月の授業時間の1/3が過ぎる前に申し込む場合
– 当月の授業料の1/2 : 当月の授業時間の1/2が過ぎる前に申し込む場合
– 当月の授業時間の1/2が過ぎた場合、当月のお払い戻しはできない。
→ 払い戻しを申し込んだ当月以後の授業料は全額お返しする。

3. 留意事項は以下である。

① 払い戻しの申込書及び通帳のコピーをすべて事務室に提出する。
② 海外振り込みで払い戻しを進む場合、銀行の振込手数料などの費用は学生が負担する。
③ 手続き期間 : 国内(韓国)の口座の場合、(営業日を基準に)約10日、 国外の口座の場合、約4週。

アクセス

住所:ソウル特別市城北区貞陵路77

交通:地下鉄1号線「清涼里」駅からバスで正門まで:約5~8分
正門から語学堂までは徒歩:約5分

IICE: Room 1-321 Cheonnong-Hall

学校の周辺情報

最寄りの清涼里駅からバスで10分程度のところに位置し、キャンパスは豊かな自然に囲まれた環境です。

滞在先

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です